自己管理が大切

激務に追われている時こそ

どんな仕事でもそうですが、傍から見ているよりも大変なことは数多くあります。しかしながら、不思議なことに渦中にいる人、いわば当事者ほどそのことに気付いていないことも多かったりするのです。この理由は、激務によって疲れた・大変だという気持ちになる余裕さえも失われていることにあります。例えば看護師さんの場合、それだけ真剣に仕事にや患者さんに向き合っているということになります。しかし、それはとても危険な兆候でもあり、肉体というのは定期的にしっかりと休息をとらないと回復することはありません。疲労が蓄積されていくと、病気などを発症することに繋がる場合があるのです。そして、激務は精神面にも影響を及ぼします。むしろ、こちらの方こそ見て分かる疲れというのはないので、自分で気付いてケアする必要があるのです。一生懸命に頑張るというのはそれは素晴らしいことですが、自分自身を追い詰めてしまっては意味がなくなります。その瞬間だけではなく長期的に見つめることが大事で、そのためにも休息は定期的にとらなければいけないのです。肉体的な休息としては質の高い睡眠をとることが第一で、体を休ませましょう。そして、精神的なものは自分の好きなことをする・リラックスをすることが重要となってきます。心というのは、自分自身でも目に見えるわけではないので、毎日が忙しく余裕が失われている時こそ見つめ直すことが必要です。そして、しっかりと休息をとってリフレッシュすることで、頑張る力も湧き出してきます。努力しても体の疲れが改善されない場合は、転職も考えましょう。自分の体調に合った働き方ができる看護師の求人は必ずあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です